velvet yellow

vymika.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:気持ちのいい花瓶( 27 )


2014年 08月 10日

気持のいい花瓶16

今日は李朝の白磁。
本物かどうか、本当のところは私には分からないけど、ベランダの草花や道の雑草をいけるととてもよく映えます。サイズも小振りで、毎日の花をいけるのに重宝しています。
d0104299_1635562.jpg


高さ10㎝×胴回り12㎝×口の直径8㎝
d0104299_1643890.jpg


ゆるっと外側に反った首。高すぎず、低すぎず、花がいい感じにとまります。
d0104299_16434962.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-08-10 16:47 | 気持ちのいい花瓶
2014年 08月 09日

気持のいい花瓶15

昨日の蘭の花同様、若いときは「花瓶」が苦手でした。

ジャグや壷といった本来は別の用途をもつ器の方が、遊びがあって自由な感じがしていました。
ただ花をいけるためだけに作られた「花瓶」というものが、こちらのやりたい事を制限する存在として私には窮屈に感じられて、長い間「花瓶」を避けていました。

そして時がたち、蘭の花同様、今は、ただある姿を素直に生かしてくれる「花瓶」が気持いいと感じるようになりました。

私の持っている花瓶の中でも、花瓶らしい花瓶のひとつです。
伊藤正さん作 高さ22.5㎝×胴回り18㎝×口の直径8㎝
d0104299_1531276.jpg


d0104299_1533071.jpg


千利休の「花は野にあるように」という言葉は有名ですが、それは、技巧の限りを尽くした果ての「野にあるような姿」なのだと私は思います。戦国の世、明日をもしれない武将たちの命を賭けた茶会での花は、必然そうであったのだと思います。
一方、毎日の暮らしの中の花は、枝をそっと花瓶の水に解き放しただけの、こちら側の意志のなさがかえって気持いいと私は感じます。

ライステリアの枝。
焼締めの器は、水が傷みにくいので花持ちがとてもよいです。
d0104299_1543780.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-08-09 15:29 | 気持ちのいい花瓶
2014年 08月 08日

気持のいい花瓶14

若い頃は蘭の花が苦手でした。それはあまりにゴージャスすぎて。。。

蘭はハレの日の花の代表的な存在ですが、私はそれを鄙びた、どこか田舎っぽいぽってりした器にいけるのが好きです。
目の覚めるような紫色のバンダ。
蘭は、植物というよりどこか動物的な存在感があります。
d0104299_18204815.jpg


南仏の小さな村の骨董市で見つけたジャグ。高さ14.5㎝×直径11㎝
d0104299_1822040.jpg


d0104299_18221613.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-08-08 18:32 | 気持ちのいい花瓶
2014年 08月 07日

気持のいい花瓶13

この季節、花も大変です。
一輪挿しは、ゆるりとしていて花にとってもいいし、水替えも楽。そして何より見た目も涼しげでお勧めです。

どんな料理を盛りつけても美味しそうに見せてくれる器と同様に、「気持のいい花瓶」はどんな枝も、だだそっと挿すだけでいい感じにしてくれます。
d0104299_13402748.jpg

d0104299_13391995.jpg


葉っぱだけの枝も涼しげでお勧めです。
d0104299_13402895.jpg



デンマークを旅した時に見つけたのアンティーク一輪挿し。
高さ11.5㎝×巾10㎝×口の直径2㎝
d0104299_13444932.jpg

多くの場合、「気持のいい花瓶」の表面の質感や表情は実に豊かです。
d0104299_1345426.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-08-07 13:55 | 気持ちのいい花瓶
2014年 08月 05日

気持のいい花瓶12

今日もうだるような暑さ。。。
アジサイを一輪、フラスコに。
d0104299_16525223.jpg


骨董市で見つけた古い実験用フラスコ。
今や実験用としては不合格だけど、いい具合に薄れてしまったマークや文字が好みです。
高さ26㎝×巾14㎝×口の直径3.5㎝
d0104299_16571476.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-08-05 17:02 | 気持ちのいい花瓶
2014年 08月 03日

気持のいい花瓶11

アジサイといえば梅雨の花の代表。
みずみずしいイメージの花ですが、秋に向かって様々に色を変化させていく詫びたアジサイもまた味わい深いものがあります。

昨日は、一関にあるアジサイ園でカレンダーの撮影をさせて頂きました。
東北とはいえ蒸暑い一日でしたが、園内のアジサイは早くも秋色に変化し始めていていました。

頂いてきたアジサイをデンマーク製のアンティークジャグに。
d0104299_18414534.jpg


アールヌーボーの影響か。。。器自体が植物のような佇まい。
高さ19㎝×胴周り15㎝
d0104299_18433867.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-08-03 18:48 | 気持ちのいい花瓶
2014年 08月 01日

気持ちのいい花瓶10

今日のは、ちいさなちいさな一輪挿し。片瀬和宏さん作。高さ5㎝×巾4,5㎝×口の直径2㎝

折れてしまったり、スプレー咲きの脇枝など、丈の短い枝をいけるのに重宝するのはもちろんですが、私はわざと不釣り合いなほど大振りの枝をいけるのが好きです。
d0104299_10202131.jpg



小さい割にはたっぷりと水が入って安定した形なので、大振りの枝を挿しても倒れたりしないところも気に入っています。
d0104299_1022275.jpg

d0104299_1021216.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-08-01 10:23 | 気持ちのいい花瓶
2014年 07月 31日

気持ちのいい花瓶9

一輪挿しはとても便利です。
夏は特に、たくさんの花より一枝が涼を運んできてくれます。

三原研さんの一輪挿し。高さ26㎝×口の外径7㎝/内径3㎝
サツマイモの蔓/バジル
d0104299_1827254.jpg


石器のような質感。夏は涼しく、冬は暖かく感じるから不思議です。
今日は、白い方の景色。
d0104299_18284920.jpg

d0104299_18302449.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-07-31 18:36 | 気持ちのいい花瓶
2014年 07月 30日

気持ちのいい花瓶8

会津地方のニシン壷。高さ16㎝×直径15㎝

なんといってもこの釉の色が魅力。
形、色、その全体の佇まいに、無作為の気持ちよさがある。
花まかせ、器まかせの「毎日の花」には、ぴったりの器だと思う。
d0104299_1427529.jpg

d0104299_14342820.jpg



花はライステリア。こんなに暑い中でもとても日持ちのする花です。
d0104299_1436155.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-07-30 14:45 | 気持ちのいい花瓶
2014年 07月 29日

気持ちのいい花瓶7

ベランダのバジルが茂ってきたので、早朝に剪定。
暑い日は植物の香りに癒されます。
d0104299_1154778.jpg



今日の花器は、南フランスで使われていた古い小鍋。高さ10㎝×高さ10㎝
直火に当った鍋肌がいい感じの景色になっています。
大人びた表情の器に、実に簡易でとぼけた感じの手が付いているところがチャーミングだと思う。
落ちた色合いの花瓶は、どんな花でもよく映えます。
d0104299_13583488.jpg

d0104299_13584426.jpg

[PR]

by velvet-yellow | 2014-07-29 14:15 | 気持ちのいい花瓶