velvet yellow

vymika.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 22日

気持ちのいい花器 1

d0104299_11165699.jpg

私は、いい花器に出会うと花をいけたくなります。
それは、その花器に花を挿した瞬間の驚きと感動、胸のすくような気持ちよさを体感したいと思うからです。
どんな料理を盛っても美味しそうに見せてくれる使い勝手のよい器があるように、たとえいけるこちら側が技術やセンスに乏しくとも、どんな花をも気持ちよくいけさせてくれる「気持ちのいい花器」いというものがあります。ハレの日のためというよりもむしろ「毎日の花」を気軽に楽しむためにこそ、「気持ちのいい花器」をひとつもつことをお勧めしています。

そんな訳で、気が付くと私のところには、これまで旅先や骨董市などで出会った「気持ちのいい花器」が少しづつ集まって来ました。

「花をいける」ことは、本来とても気持ちのいいものです。

縁あって私のところにやって来てくれた花器たちを折々にご紹介していけたらと思っています。
[PR]

by velvet-yellow | 2014-07-22 11:15 | 気持ちのいい花瓶


<< 毎日の花 気持ちのいい花瓶2      毎日のこと 花 >>